Nissho

トイレのリフォーム

まずは現在のトイレの仕様を把握し、
どうリフォームしたいかを
考えましょう

トイレは毎日お世話になる大事な空間、だからこそこだわりたい場所ですよね。
機能やメンテナンス性など日々進化するトイレ設備。現在お使いの仕様を把握し、後悔しない設備選びを目指しましょう。

トイレリフォームでは、
こんなお悩みを解決します

  • 便器の汚れや匂いが気になる
  • 水道料金が高い…節水タイプにしたい
  • 掃除がしやすいトイレにしたい

トイレリフォームのメリット

イメージ画像

便器を清潔に保ちます

各メーカーともに、便器に汚れや水アカがこびりつきにくい特殊加工を施しており、水を流すだけでつるんと落ちます。洗浄も渦巻き状に勢いよく水が流れるため、少ない水で汚れを落とします。さらにブラシで届きにくい便器のフチをなくした「フチレス」タイプもあり、サッとひと拭きでお掃除ラクラクです!

イメージ画像

節水タイプなら節約にも!

家庭内で最も水を使っていると言われているトイレ。2001年までのほとんどのトイレは大で13Lの水を使っていましたが、現在は半分以下の水で洗浄するため、大幅なエコと節約になります。

イメージ画像

トイレ設備と床や壁も一新

トイレ設備の交換と一緒に床や壁の素材も丸ごと一新しませんか?快適な空間に生まれ変わります。便座はタンクレスにすることで、トイレスペースが広くなり掃除もしやすくなります。ご家族にあわせていろいろなタイプをご提案します。

トイレリフォームのポイント

エコや清潔、便利などさまざまな機能がついたトイレが豊富に登場しています。今のトイレに対するお悩みを把握し、ベストなものを選びましょう。
イメージ画像
ポイント1
イメージ画像

工事はほとんどの場合半日ほどで完了。内装を丸ごと交換しても、ほぼ1日で理想のトイレへと生まれ変わります。
※環境により異なります

ポイント2
イメージ画像

便座が自動で開閉するものや、掃除がしやすいよう便座が昇降するタイプなどもあります。日々の利便性を考えて選びましょう。

ポイント3
イメージ画像

節水トイレの場合、水圧が低いと流れにくくなることがあります。十分な水圧が確保できるかを確認が必要です。

トイレリフォームの種類

便座を交換する
イメージ画像

便座のみを温水洗浄付きに交換するシンプルなリフォームです。使うたびに除菌するタイプや、自動洗浄などうれしい機能がついたものもあります。

トイレをまるごと交換する
イメージ画像

大きな節水効果があるタイプや、掃除のしやすい形状のものなど最新のトイレに交換するリフォームです。手洗場が近くにある場合、部屋が広く使えるタンクレスへ変えるのもおすすめです。

内装まで含めたリフォーム
イメージ画像

トイレ設備の交換とともに、床や壁も一新するリフォームです。壁や床の素材とデザインを好きなものに変えられるため、トイレの空間が丸ごと思いのままです。

機能性を高めるリフォーム
イメージ画像

お年寄りや子供にやさしいバリアフリー化のリフォームです。手すりの設置や段差の解消など、使うご家族やお家の現状に合わせて工事します。

トイレの種類

タンクレストイレ
イメージ画像

水を溜めておくタンクがない、すっきりとしたデザインのタイプ。掃除がしやすく、10cm程度トイレが広くなるのがメリットですが、直接水道から水を流すため、水圧が低いと流れにくいなどのデメリットも。

タンク式トイレ
イメージ画像

貯水タンクと便器本体が一組となったタイプ。一般家庭用で最も普及しているタイプです。断水や停電時でも、タンクに水を注げば使用可能となるのが大きなメリット。また、水圧の低いマンション高層階などでも設置可能です。

トイレリフォームの参考価格

イメージ画像

便座を交換する

参考価格5万〜20万円

イメージ画像

トイレをまるごと交換する

参考価格15万〜40万円

イメージ画像

内装まで含めたリフォーム

参考価格20万〜50万円

イメージ画像

機能性を高めるリフォーム

参考価格20万〜100万円

製品代、取付費、既存撤去費を含みます。(現場状況により価格変動あり)

現地確認のうえ、お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

トイレリフォーム事例