Nissho

外窓のリフォーム

窓の断熱対策で、住まいをより快適に

外窓のリフォームをすることで断熱性や防音性が高まり、暮らし全体の快適性が高まります。また省エネ効果も期待でき、住宅の様々な問題を解決します。

外窓リフォームでは、
こんなお悩みを解決します

  • 冷気が入って寒い
  • 外を走る車の音が
    うるさい
  • 窓の結露をなくしたい
  • サッシの劣化で
    開閉がしづらい

外窓リフォームのメリット

イメージ画像

断熱効果

断熱性能の高いガラスを選ぶことで、冷暖房の効きが良くなります。冷暖房の使用を我慢するのではなく、効率を上げることで小さなエネルギーでも快適に住むことができる、環境とお財布、そして人にも優しいお部屋となります。

イメージ画像

防音効果

外の音が気になるという方からご相談いただくことも多数。防音性能の高い窓にすることで、防音性を向上し、ストレスのない室内空間を実現できます。

イメージ画像

結露の軽減

アルミサッシから樹脂枠への交換なら、熱伝導率がアルミサッシの約1,000分の1。冬でも冷えにくいため、フレームにもガラスにも結露がつきにくくなります。

イメージ画像

動きがスムーズ

古くて動きが悪くなった窓を交換することで、開閉がスムーズで静かになります。

イメージ画像

窓タイプの変更

FIXタイプの既存の窓を換気ができる開き窓へ変更したり、寒さ対策として気密性の高いFIX窓に変えることもできます。

外窓リフォーム 商品の特徴

今ある窓枠をそのまま使い、新しい窓をかぶせて取り付けるカバー工法がおすすめです。壁の工事が不要なので、騒音・ホコリが出ず短後期・低コストで最新の断熱窓へリフォームできます。しかし、既存の窓枠の内側に新設の窓枠を入れるため、かぶせた厚みの分、開口が狭くなってしまうのがデメリットです。
イメージ画像
ポイント1
イメージ画像

外壁を壊さない

室内・室外どちらからでも簡単に施工でき、騒音やホコリも抑えられます。

ポイント2
イメージ画像

スピード施工!

壁工事が不要なので、約2時間~半日で最新の断熱窓へリフォームできます。

ポイント3
イメージ画像

どんな窓でもOK!

今の窓がどこのメーカーのものでもOK(既存枠が樹脂枠の場合には取り付けできません)。
引き違い窓を気密性の高い窓に変えるなど、窓種の変更も可能です。

外窓リフォームの種類

複層ガラス
イメージ画像

2枚のガラスの間に、熱の伝わりを軽減するための空気層を挟んだガラス。 ガラスとガラスの間に熱を通しにくいアルゴンガスを含ませた、さらに断熱性能の高いタイプもございます。

Low-Eペアガラス
イメージ画像

特殊な金属膜でコーティングしたガラス。 太陽熱の侵入を防ぐ遮熱タイプと、暖かさを外へ逃がしにくい断熱タイプの2種類があります。

Low-Eトリプルガラス
イメージ画像

3枚のガラスの間に空気層を設け、そこに熱を通しにくいアルコンガスを含ませることで熱の伝わりをさらに軽減したガラス。

外窓リフォームの参考価格

イメージ画像

カバー工法

(アルミからアルミへ)

参考価格8万~30万円

イメージ画像

カバー工法

(アルミから樹脂へ)

参考価格10万~35万円

イメージ画像

ガラス交換

参考価格4万~15万円

製品代、取付費、既存撤去費を含みます。(現場状況により価格変動あり)

現地確認のうえ、お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

外窓リフォーム事例