Nissho

お風呂・バスルーム

家族構成に合わせ、安全を考慮してリフォームのプランを作りましょう

家族みんながリラックスするお風呂リフォームは、生活に大きな幸せをもたらします。見た目や使い勝手が悪くなってきたときがリフォームを検討するタイミングです。また、使用頻度や使い方によっても異なりますが、築10年以上で浴室のメンテナンスを全くしていない場合は、早めのリフォームがおすすめです。

お風呂リフォームでは、
こんなお悩みを解決します

  • カビや汚れがひどい、
    掃除しにくい
  • 浴室が寒くてリラックスできない
  • 狭くて使いにくい
  • 子育て、介護がしにくい

お風呂リフォームのメリット

イメージ画像

お手入れしやすい

皮脂汚れが付きにくい特殊加工や水はけが良くなる工夫が施された床など、お手入れのしやすい素材が多数登場しています。

イメージ画像

断熱性アップ

床や壁が一体化されたユニットバスなら箱型で組み立てられるので、隙間が少ないのが特徴です。そのため断熱効果も高まり、リラックスできる暖かな浴室へ生まれ変わります。さらに、防水性も高いため、隙間に水が入り込み住宅の木部に水漏れが発生する心配もいりません。

イメージ画像

自由なサイズの浴室が作れる

在来工法なら浴室の形状も自由に決められ、お住まいの状況に合せた自由なサイズの浴室に仕上げられます。ユニットバスも無駄なスペースを無くして作れるタイプを選ぶと、広々とした浴室に仕上げることが可能です。

イメージ画像

お子さんと一緒に、ご年配の方も入りやすく

年配のご家族がいらっしゃれば、滑りにくい床材や支えになる手すり、さらに冬場のヒートショックを考慮した断熱対策が大切になります。また、小さなお子さんのいるご家庭では、一緒に入浴しやすい広さ(1.25坪以上)と誤って水栓を触ってもお湯が出ないチェイルドロックをつけておくと安心です。また、浴槽の高さを40cmくらいにすれば、年代問わずまたぎやすく使いやすくなります。このように家族構成に合わせたお風呂リフォームが理想です。

お風呂リフォーム 商品の特長

浴室の造りには在来浴室とユニットバスの2種類があります。どんなお風呂にしたいかによって工法を選びましょう。
イメージ画像
ポイント1
イメージ画像

ユニットバス

浴室を構成する床や壁、浴槽などが一体となっていて、現場で組み立てるタイプ。暖かさや掃除のしやすさなど、機能を重視したい方に選ばれますが、サイズやデザインには限りがあります。

ポイント2
イメージ画像

在来浴室

ユニットバスと違い、壁や床などの素材やサイズを自由に選べるオーダーメイド式ため、理想の浴室に仕上がるのがいちばんの魅力です。しかし、ユニットバスより防水性や暖かさが劣るため、注意も必要です。

ポイント3
イメージ画像

工期は工法によって異なります

リフォーム内容や住宅の環境によって異なりますが、ユニットバスからユニットバスの場合は比較的短く2~3日で工事が終わります。現状が在来浴室場合は、最長で2週間ほどかかる場合もあります。

お風呂リフォームの種類

在来浴室からユニットバスへ
イメージ画像

浴室の床を冷たくなく滑りにくい材質にしたり、断熱構造の浴槽にしたり、段差のないバリアフリー仕様にするなど、これまでの不満が解消され快適さがグンと増します。

旧型から新型ユニットバスへ
イメージ画像

最新の設備を備えた、節水効果に優れたシャワーやお掃除の手間が軽減される床や排水口など理想をイメージした機能的なユニットバスをお探し下さい。

浴室と洗面所セットでのリフォーム
イメージ画像

浴室と洗面所をセットでリフォームするプラン。お風呂空間と洗面空間をセットでリフォームすることで、2つの空間を一体の空間としてコーディネートできます。工事費が安く済むこともあります。

ユニットバスの規格

ユニットバスは4桁の数字で規格が決まっています。浴室内部の縦横の幅になっており、例えば「1620」 なら、短辺が1600mm、長辺が2000mmとなります。

ユニットバスの浴槽について

形状

スタンダードなストレートラインやゆったり入れるラウンドライン、親子でも入りやすいワイドな浴槽などがあります。さらに、底の部分が平らでたっぷりのお湯に肩まで疲れるタイプと、底に腰掛けられる段差のあるタイプがあります。

ストレート
イメージ画像
ラウンド
イメージ画像

材質

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)
イメージ画像

価格が安く、補修もしやすいが汚れが目立ちやすく、時間とともに色褪せてしまう。

人工大理石
イメージ画像

汚れが付着しにくいのでお手入れはしやすいが、メーカーによる品質の差が大きい。

ホーロー
イメージ画像

スチールの板を折板(せっぱん・折り曲げた板のこと)にすることで強度を高めたもの。雪が積もる地域などで用いられます。

お風呂リフォーム 参考価格

イメージ画像

在来浴室からユニットバスへ

参考価格80万〜150万円

イメージ画像

旧型から新型ユニットバスへ

参考価格60万〜120万円

イメージ画像

浴室と洗面所セットでのリフォーム

参考価格100万〜200万円

製品代、取付費、既存撤去費を含みます。(現場状況により価格変動あり)

現地確認のうえ、お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

お風呂リフォーム事例