Nissho

内窓のリフォーム

結露・断熱は内窓から対策

工事は今ある窓サッシの内側に枠を取り付けるだけ。
壁を壊さないので騒音やホコリも抑えられ、簡単&スピーディーに完了します。
大掛かりな工事をせず、冬は暖かく、夏は涼しい家に。
冷暖房コストの節減にも貢献します。

内窓リフォームでは、
こんなお悩みを解決します

  • 暖房をつけているのに
    部屋が暖かくならない
  • 結露で窓が
    ビチョビチョだ
  • 外の車の音が
    うるさい
  • 子どもの声が近所迷惑に
    なりそうで気になる

内窓リフォームのメリット

イメージ画像

断熱効果

暑さ、寒さの原因は、熱の出入りが最も多い「窓」(夏71%、冬48%)。内窓をつけると窓が二重になるためそれだけでも断熱性が上がるほか、窓と窓の間の空気層が外気をシャットアウトしてくれます。

イメージ画像

結露の軽減

室内で発生し逃げ場を失った水蒸気が冷やされると、結露になります。特に冬場、外気温によって冷やされた窓は結露が発生しやすい場所に。結露による窓周辺のカビや湿気による腐食などはアレルギーの原因にもなります。

イメージ画像

防音効果

音は開口部からの出入りが最も多くなります。今ある窓の内側に内窓をプラスすることで、外窓と内窓の間に空気の層が生まれ、音の障壁となり高い防音効果を発揮。手軽にできる防音工事として、内窓がおすすめです。

イメージ画像

防犯効果

空き巣の侵入経路に使われやすい窓。二重窓になることで、空き巣が最も嫌う「侵入に時間がかかりそうな家」となります。

内窓リフォーム 商品の特徴

今ある内窓を交換するだけで、断熱性アップ。今の窓が付いていない場所に新しく付けることができます。壁工事が不要なので、施工は約半日(※)で完了します。
※施工時間は施工方法、納まり、窓枠の種類によりプラスになることがあります。
イメージ画像
ポイント1
イメージ画像

今ある窓の内側に簡単取付!

全ての現場で採寸してオーダーメイドしますので、今ある窓にフィットして取り付けられます。

ポイント2
イメージ画像

たった数時間のスピード施工!

工事は1カ所につき、なんと約1時間です。窓を閉めたまま工事可能なので、寒い冬でも大丈夫です。

ポイント3
イメージ画像

断熱性の高い樹脂枠

樹脂はアルミの100倍、熱を伝えにくい素材。樹脂枠の内窓にすることで、外気温に影響されにくくなります。
さらに、内窓のフレームは熱を伝えにくい樹脂製なので、ガラスのみの交換をするよりも窓全体の断熱性が上がります。家の冷暖房効率が上がり、省エネな家となります。

内窓リフォームの種類

単板ガラス
イメージ画像

価格が安いのが大きなメリットですが、熱が逃げやすく、結露が発生しやすいデメリットもあります。

ペアガラス
イメージ画像

ガラスとガラスを合わせて1枚のガラスにし、間に空気の層を作ったもの。この空気の層があることで断熱性が高まるほか、結露がしにくくなります。

Low-E複層ガラス
イメージ画像

ガラスとガラスの間に熱を通しにくいアルゴンガスを含んだガラス。外気の温度を部屋に伝えにくく、優れた断熱性があるほか、UVカット効果もあるため紫外線対策にもおすすめです。

内窓リフォームの参考価格

「窓」「ガラス」を断熱性能の高いものに交換することにより、大幅に改善されます。

イメージ画像

W800×H700

※複層ガラス参考価格10万円

※単板の場合参考価格3万円

イメージ画像

W1,800×H1,200

※複層ガラス参考価格15万円

※単板の場合参考価格3.5万円

イメージ画像

W1,800×H12,400

※複層ガラス参考価格19万円

※単板の場合参考価格6.5万円

イメージ画像

ガラス交換

※ペアガラス参考価格4万円

製品代、取付費、既存撤去費を含みます。(現場状況により価格変動あり)

現地確認のうえ、お見積りいたします。お気軽にご相談ください。

内窓リフォーム事例